プラスパとは

スパーブヘルスアカデミー

はじめまして、プラスパです。

私はプラスパで、28年以上に渡り心と体の密接な関係を皆様にお伝えし続けて参りました。
今日、この事の重要性を著名な米国の科学者リプトン氏が解明し、人々の意識革命を進める事に全力投球されている事を知り、大変感激致しております。

健康と若さを保つには、また本来のアンチエイジングとは、リプトン氏が明確にされたように、私は人間にとって何よりも、心が安らぎ、癒される素晴らしい環境、サード プレイス(サード プレイスとは、家族や職場、学校の他にほっと出来る第3の場)が必要であると考え、私の経験と直感で28年前にプラスパを設立致しました。

そしてプラスパ設立後、私のこの直感に科学的な基礎付けをした、精神神経免疫学に出会いました。精神神経免疫学とは 「病は気から」 というように、心と体は密接に関係しているという事を明確にした学問です。
リプトン氏がお話しされている神経科学とは、精神神経免疫学の事です。

プラスパでは「プラス思考の習慣化」をコンセプトに、精神神経免疫学の理念に基づいた独自のアカデミー・呼吸法・カウンセリング・リラクゼーションセラピー等により、柔軟な心と体を作り上げる事を、ご提供致しております。

スパーブ ヘルス アカデミーは、徹底したプラス思考の習慣化と、正しい運動の習慣を身につける事のできる、私が編み出した独自のマインドフルネスのカリキュラムから成り立っています。理論は理解できても体は思うように動いてはくれません。
毎日の生活習慣の積み重ねとは、とても大きな影響があります。日々の思いの習慣や、ほんの少しの運動の習慣の違いが、10年20年そして、30年の月日によって、結果としてあなたの体に現れてきます。

リプトン氏が「細胞は劣悪な環境におかれると病気になりますが、健康な状態に戻すには、薬物を与えなくてもよく単に細胞が健康だった時の環境に戻すだけで回復する」と実証されたように、慌ただしい時間からほんの一時でも抜け出し、私がプロデュースしたポジティブなエネルギーでいっぱいのプラスパの素敵な空間で、体のゆがみを正し、血流を良くし、免疫力を高め、プラス思考を身につけて、健康と若さに自信を持ち、大切な人生を前向きに輝いて、丁寧に生きていかれる事をご提案させて頂いております。

株式会社 プラスパ ― 1990年設立 ―
代表取締役 荻原 順子
幸福家庭表揚状授与

  • - 臨床心理カウンセラー 朝日新聞社運営協力【マイベストプロ東京】紹介
  • 日本プラスピスト協会会長
  • 日本抗加齢医学会会員
  • 日本補完代替医療学会会員
  • 「血液を大切にする会」会員
  • 医療法人社団和康会理事
  • スパーブ ヘルス アカデミー主宰
  • モディスティーカンフー主宰
  • 健康体操指導士
  • 日本健康体操連盟ヨガ指導士
  • 育児セラピスト

職業、年齢、性別を問わず、リラクゼーションやアンチエイジングの域を超え、弊社は、総務大臣所管 日本予防医学行政審議会より予防医学に有効と認められる代替医療、健康増進事業に関わるもっとも優れた企業、教育機関 であると認定されています。

総務大臣所管 日本予防医学行政審議会認定

 

リプトン氏が解明した科学の世界からのメッセージ

世界的に著名な米国の細胞生物学者ブルース・リプトン氏の日本講演より

2009年11月

私達の細胞の運命をコントロールしているのは一体何でしょうか?

それは脳から体内に放出される科学物質です。私達は、光や音などの様々な情報を脳でキャッチし、それを心で解釈します。そしてその解釈に従って放出される科学物質が、細胞と遺伝子をコントロールしています。ですから自分の認識、思考を変えれば、分泌される科学物質を変え、自分自身の体を変える事ができるのです。例えば、心が愛情に満たされていれば愛情ホルモンが、また恐怖を感じている時には、ストレスホルモンが放出されます。

つまり、あなたが心の中で発する言葉が、化学物質の分泌に深く関わっているのです。日本で古くからある言霊 (ことだま) という考え方や「病は気から」という言葉も、科学的に裏付けされているのです。

また細胞は劣悪な環境におかれると病気になりますが、健康な状態に戻すには、薬物を与えなくてもよく、単に細胞が健康だった時の環境に戻すだけで回復する、ということもわかりました。私達は、信念、思考によって細胞をコントロールできるパワフルな存在なのです。

人間の心には、顕在意識の心と潜在意識の心があります。一生のうち、顕在意識の心が働いている時間は5%だけ、残りの95%は潜在意識下の心の習慣によって支配されていることが神経科学で明らかにされています。

私達は皆力強い生物であり、健康で幸福な人生を創造するチャンスを持っています。自分自身を正しく知れば、プログラムを変え自分の人生を変える事ができるのです。

ブルース・リプトン

1944年米国ニューヨーク州生まれ。世界的に著名な細胞生物学者。ウィスコンシン大学医学部やスタンフォード大学医学部で教鞭をとる。細胞膜こそ細胞の脳に相当するということや、肉体と精神をつなぐ分子経路を明らかにし、エピジェネティクスという新しい分野を開いた。 現在、新しい生物学のリーダーとして国際的に講演活動などを行い、人々の意識革命を進めることに全力投球している。

プラスパとは